効果的な屋根裏のねずみ駆除方法

台所で食べ物の袋を食い破った後があったり、フンが落ちていたりといった物証はもちろん、夜な夜な天井・屋根裏からドタバタと音がする場合は、ねずみが居着いている可能性が高いです。(あまりに大きい音の場合はイタチの可能性もあります)特に、都心部や市街地の邸宅では、一般的なクマネズミが生息している確率が高いです。小型のハツカネズミの駆除は比較的楽なのですが、中型のクマネズミの場合、知能が高くて警戒心も強いため、ねずみ駆除には骨が折れます。おまけに、一度罠をしかけてそれを見て覚えてしまうとねずみ駆除はほぼ絶望的で、ねずみ駆除業者でも困難になってしまうため、駆除グッズを使う前に入念な準備が必要となります。

クマネズミの習性として、エサはその場で食べず、巣である屋根裏に持ち帰って食べます。また、深夜に屋根裏を走り回るのも習性のひとつ。準備としては、まずエサをなくす「兵糧攻め」。台所や洗面所など、かじる可能性のあるあらゆる食品・化粧品・石鹸を衣裳ケースなどにしまい、手をつけられなくします。

面倒ですが、一週間も我慢すれば効果が出るので根気づよく。兵糧攻めでねずみが焦りだすのは3日頃から。部屋はきれいに片付けておき、見通しをよくすることで発見されるのを嫌がるねずみはうかつに動き回れなくなります。そして、通風口など侵入経路を駆除専用の金網で塞ぎ、退路を断ちます。

ここではじめて粘着シートや毒エサを用います。飢えたねずみたちは警戒心が薄れ、簡単に引っかかりやすくなります。ここで粘着シートなど罠を惜しみなく大量に設置しましょう。ガンガン引っかかるはずです。

退路を塞いでいるため、逃げることもままなりません。これで一網打尽にできることでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする