iotデバイスで変わる生活

スマートフォンの普及によって、どこにいても情報を取得したいと言う欲求が強くなりました。

今後もその傾向は変わらないはずですが、それに対応するようなiotデバイスが増え続けています。本当にどこにいてもいろいろな情報を取得できる時代が近いうちに訪れるかもしれません。例えば部屋の温度を帰る前に知りたい時に、温度計がネットワークにつながっていれば簡単に実現することが可能です。玄関の鍵の締め忘れも、鍵がiotデバイスになればどこでも確認できるし、万が一開いていても、締めることができます。

それだけではなく、誰かが解錠したらSNSにメッセージが届くように設定することもできます。共働きの家庭で子供の帰りを確認することが可能になります。遠隔操作できるカメラも急激に普及しているiotデバイスの一つです。家の状況をどこにいても確認することが可能です。だから家で留守番をしているペットのことをいつでも確認することができます。

声をかけることができるので、呼びかけることでカメラの前に呼ぶこともできます。スマートスピーカーの普及で、家電の操作も声でできるようになったので、今後は電源の入り切りをできるようなツールが増えてきます。ベットにいながらリビングの明かりを消したり、家のどこの明かりがつけっぱなしかを把握できます。この機能を利用して、遠くにいる家族の生活を見守ることもできます。安心や安全を考えると、さらなる普及が望まれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *