タイムレコーダーと勤怠管理システムとの連携

勤怠管理にタイムレコーダーを使用しているケースはまだまだ多いと言えます。

自分の職場でもタイムレコーダーを使用している方はいるのではないでしょうか。その中には紙のタイムカードで打刻しているケースも少なくありません。タイムカードの出退勤時間は残業代計算に使われることが多いです。しかし、出退勤時間をデータ化した上で残業代計算する必要があり、手間であるだけでなく、入力ミスによる残業代の支給ミスのリスクもあります。このようなリスクをなくすため、勤怠管理システムを導入することが考えられます。

しかも、タイムレコーダーと勤怠管理システムとを連携させることにより、よりリスクを軽減することができるのです。連動させる方法はいくつか考えられます。タイムレコーダーのデータをSDカードなどの外部記憶装置に一旦保存し、勤怠管理システムにそのデータを読み込ませる方法があります。一手間かかりますが、手入力でデータを転記することを考えれば随分楽になります。

さらには、タイムレコーダーのデータがそのまま勤怠管理システムにリアルタイムに反映されるものもあります。この場合、何もすることなくデータ連携できるのでとても便利です。しかも、タイムレコーダーはICカードを読み取るものもあるので、利用者はICカードをかざすだけという利便性の高さも魅力です。ただし、高機能になるほどコストも高くなってしまう傾向がありますので、費用対効果を考えることは大切だと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *