この先勤怠管理システムは必須になる?

この先勤怠管理システムが必須になる時代になっていくでしょう。

勤怠管理システムはコストがかかるという問題がありましたが、その問題はかなり改善されてきています。昔はシステムを導入するために数十万円の初期コストがかかりました。現在はクラウド型の登場により、初期コストゼロでも可能になっています。月額費用のみで利用が可能です。30日間程度の無料お試し期間がついていることもあるので、サービスを実際に試してから契約するかどうかを決めることができます。今後は無料もしくは格安の勤怠管理システムが登場する可能性もあります。

技術が発達すると、良いサービスが安い料金で利用可能になる傾向です。紙のタイムカードにはいくつかの問題点があります。手作業で集計・計算・管理するので、人件費がかかることが大きなデメリットです。また、紙のタイムカードは3年間保管しなければならないので、場所をとるという問題もあります。また、不正が比較的しやすいという点も問題です。

これらのデメリットがあるので、勤怠管理システムが低料金で利用できるようになったら、紙のタイムカードを選ぶ理由はほとんどなくなるのではないでしょうか。紙のタイムカードの需要が完全になくなることはないという意見もありますが、今よりは需要は減少するでしょう。最近では給料前払いサービスが急速に普及してきています。給料前払いサービスなどの他のシステムとの連携も可能なので、勤怠管理システムはますます普及すると予想されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *