勤怠管理システムを導入するときに気を付けること

勤怠管理システムは業態にもよりますが、従業員自身が勤怠を登録し申請する仕組みなので人事担当が行うような勤怠入力の手間や給与計算が省け一気に業務量が短縮するというメリットがあります。

一方で従業員数が少なかったり、勤怠管理が現場のほうが都合がよい場合は必ずしも勤怠管理システムが良いというわけではありません。利用する場合はシステム利用料や初期費用がそれなりにかかるため、ランニングコストと人件費のバランスを考慮して検討することが最も重要です。それでは、勤怠管理システムでどのようなことが行うことができるか初期設定について見ていきましょう。

まずは勤怠の入力です。多くの勤怠管理システムがタイムカードやオフィスへ入館する際の入館証のシステムと連動しているため、基本自動的に入力が可能となります。オフィスでもパソコンの起動によってログが取られそれと勤怠管理システムが連動していることが多く、勤怠のずれが発生しにくい仕組みになっています。

このため、自分が勤める会社の業態がどのようなものかをまず把握することが最初のステップです。次にシステムを使うためには従業員の情報が必要になります。従業員が正社員なのか、アルバイトなのかといった情報や勤務時間の違いで時給計算や社会保険料の計算方法が変わるからです。この入力を代行してくれる業者もいれば、購入した人事担当者自身が入力する必要があります。最後にこのシステムが最新の法令に対応しているかは確認が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *