企業での勤怠管理システム

勤怠管理システムは今では多数の企業が取り入れているシステムです。

いわゆるタイムカードで勤怠を管理しているところもありますが、タイムカードは月締めの作業に時間が掛かってしまうのが難点です。しかし今の勤怠管理システムはタイムカード部分とシステムが紐付いている為、それらの作業が非常に簡単に、効率的に行えるのです。どこでもそう、という訳ではありませんが、まず社員証に入っているICカードを入り口でタッチする形式が多いでしょう。

出勤時と退勤時にタッチして記録します。お昼や営業などで外出する場合も、その日の始めと終わりをシステムが判断すればいいので問題ありません。問題あるとすれば直帰とかですが、これらもシステム上対応していて、後から申請出来る様になっているのが普通です。これらの情報は社員の分だけ記録され、月が終わると管理者がおかしいところがなかったかチェックします。

それこそ直帰したのに申請しておらず、15:00退社などになっていたら確認が必要でしょう。しかしそれ以外は記録された時刻のままなので、必要な時間を満たしていたか、有給休暇や代休を正しい使い方をしていたか、などすぐに調べられます。新しいシステムならそれらは全て計算されていて、管理者はそれを見て最終チェックをするだけで良いと思います。そしてプリントアウトして判を押せば作業は完了です。システムの導入には費用が掛かりますが、それらを考えてもなるべく早く導入した方が後が楽になるのが勤怠管理システムだと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *