勤怠管理システムとは

勤怠管理システムとは、従業員の就業日数や残業時間などを管理するシステムです。

この勤怠管理システムには会社が独自で作成している物と、システムができている物を買って使うという方法があります。会社が独自で作成している物では、パソコンのエクセルなどを使い表にしているところがあります。そのため手入力であることが多く、簡単に不正もできてしまうような仕様のことが多いです。その点システムのソフトなどで管理をすると、時間や就業日数がプルダウンで選べることが多く、あまり不正に操作できるようなものが少ないです。

とはいえ会社で使用している勤怠管理システムのほとんどは、システムのソフトなどで賄っていることが多いです。このソフトには労働基準法などに違反していないかを、スキャンしてくれるものもあります。その場合は従業員の勤怠を入力し、残業時間などが多い場合の対処も考えることができます。そのため勤怠管理システムはとても便利で、1ヶ月の勤怠もすぐに引き出せることから、現代の企業ではほとんどの会社で使用しています。

従業員が自分で入力をしている企業もあれば、経理や総務といった部署で一括で入力をしている企業もあります。企業は勤怠管理を行うことで、働いている人に過度の負担がかかっていないか、労働基準法に違反していないかなどを確認することができるため、従業員一人一人がどのように働いているのかを、データを見ればすぐにわかるようになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *