GPSとビーコンを比較するとわかります

位置情報を取得する方法としても有名なGPSは、宇宙にあるアメリカが飛ばしたGPS衛星からの電波を活用した位置情報システムで、広範囲に電波が届くので世界中のほぼ全域で受信することができます。

ただ、GPSの電波は途中に何らかの障害物がある場合、そこを反射してしまう性質があるため場所によっては電波の受信ができないケースもあるといいます。例えば、地下街などの場所はコンクリートに覆われている空間でもあり、地下までは電波が届かない関係からビーコンが使われることが多いのが特徴です。

ビーコンも位置情報を取得することができるもので、送受信の範囲は数十メートル程度です。最近はスマートフォンを使う人の数が急増しているわけですが、ビーコンの情報取得の応用およびスマートフォンの専用アプリの組み合わせにより店舗マーケティングに活用が行われるケースが増えています。

地下街を歩いているとき、目的のお店がどこにあるのかを画面上に表示してくれたり、お店に近づいたときにナビゲーションのアナウンスが流れて来る、電波を送信しているお店側は店舗情報を送信できるので集客効果への期待ができるなど両者へのメリットがあります。一見、GPSと比べると電波が届く範囲が狭いのでビーコンは使えないなどのイメージを持つ人も多いかと思われますが、特定エリアだけを狙ったマーケティングやサービスなどではGPSではできないことをビーコンがやってくれるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *